raidの復旧は正しい手順で行う|精密機器をジャンク品にしない

Working Office

web会議の登場

Being good staff

web会議システムは、webの機能を利用して会議を行うことができるシステムのことです。離れた場所にいる人が一箇所に集まることなく会議を行うことができるというメリットがあります。

Read More...

raidディスク復旧

Being good staff

raidディスクは複数の単体ディスクから構成されており、正しい使用方法をしている限りデータ復旧を依頼する必要はありません。しかしそれでもデータが読み出せなくなった場合は、業者によるraidディスクの復旧が必要となります。

Read More...

障害発生時への対応

Being good staff

raid構成のHDDを復旧させるというのは、多くのニーズに支えられ、技術の革新などによって広まってきたのです。またサービスの広がりにより、その価格も低価格化や明示化にもつながってきています。

Read More...

raidの復旧

あなたの大切なデータが入っているraid復旧を業者に頼むなら早くて技術力がある業者に頼むのが一番ですよ。

Activity in office

raidとは複数のハードディスクを一つのドライブのように認識・表示させることができる技術のことです。ハードディスクが故障した場合にも、データの復旧やアクセスを可能にする安全性の向上や、複数のハードディスクに分散して書き込みで行うデータ保存を高速化したりなど、各シーン毎に特徴があります。用途に応じて様々なストレージ構築が可能なため、特にビジネスシーンなどの高い信頼性が必要となるデータのストレージとして利用されていることが多いです。情報や保存をするデータが膨大になるビジネスにおいては、raidを利用することで効率よく時間を使うことができます。パソコンから転送されてきたデータを自動で分散し、複数のハードディスクに同時に書き込みを行うことができるため、一台ずつ順番に書き込みを行うよりも圧倒的に速いスピードでデータを保存することができます。raidのモードによって同時に書き込みが行える台数などには違いがあるため、効果には差異がありますが、通常で行うデータ保存よりも時短を図ることができます。raidは、ハードディスクが故障した場合に復旧することができるパリティー(誤り訂正符号)を生成し、各ハードディスクに書き込みを行います。ハードディスクが故障しても交換を行うだけで元通りにデータを復旧することができます。故障や復旧時にもデータにアクセスすることができるため、多くのシーンで役立つことができます。

夏場はraid機器やサーバーのトラブルが急増することが多いと言われています。精密機器は熱に非常に弱いため、猛暑の中に放置され続けたraid機器やサーバーは熱の影響で生涯が発生するリスクが高まります。raidが障害を起こした場合、慣れてない人が初期対応を誤ってしまい全体を壊してしまうケースも珍しくありません。知識が無い場合、下手に触ることはせずにraidの知識を有している人か、專門の修理業者に任せることが大切です。誤った方法で解決を図ろうとした場合、情報やファイルシステムの管理情報に不整合が発生してしまうことがあります。場合によっては基盤自体にダメージが発生し、故障の原因となります。raidを取り入れる際には、作業する人をあらかじめ決めておき、取扱説明書を熟読することも大切です。障害が起きたときの速やかな手順が、データ復旧には非常に役立ちます。