raidの復旧は正しい手順で行う|精密機器をジャンク品にしない

Working Office

障害発生時への対応

raidの修復料金とは

Being good staff

最近ではraid構成をとるHDDが多くなってきており、これはビジネスだけではなく、パーソナルユーズでもその利用が広まってきています。 これは大切なデータを確かな手段で保存しておきたいというニーズに答えたものになるのですが、やはり機会なので、故障することもあるのです。 するとraid構成のHDDを復旧させることになるのですが、技術革新のおかげて、専門の業者が復旧サービスを提供しており、それを利用することになります。 このraid復旧サービスの料金というのは、対象となるraid構成の実容量が決まってくることが、基本になっており、どこもその金額は明示しています。 その基本となる料金の他に、技術料(難易度などによる)や故障箇所などで、総合的に復旧料金が決まってきます。

HDD修復技術の変遷

HDDが登場してから、飛躍的に保存できる容量が増えてきたのですが、それに従って、復旧するための技術も求められるようになってきたのです。 特にraid構成の場合、各社で独自の技術を使って構成しているケースが多くあり、なかなか復旧サービスまで展開するのには時間がかかったのです。 そうした中、復旧へのニーズが強まると共に、修復させるための復旧技術の向上や、技術者自体の移籍などによる独自技術の一般への広がりが出てきたのです。 こうした中で、復旧サービスとして、ビジネスが成り立つようになり、専門の業者が確かな技術を元に、サービスを展開してきたのです。 こうして、数々の実績と、価格の低価格化、そしてraid構成の一般化に伴って、このサービスを受ける企業や個人ユーザが増えてきて、こんにちに至るのです。